« Eのこと(続き) | Main | 『極刑』 »

役者という仕事

 今年の前進座初春公演は,井上ひさしの『たいこどんどん』。品川遊郭にくり出した若旦那と幇間が,女郎の取り合いから薩摩侍に切られそうになり,逃げようと海に飛び込んで溺れそうなところを助けられたのが,北回りの千石船。風に押されて向かうは東北,そしてはじまる凹凸コンビの珍道中── 15年ほど前に中村梅之助の桃八で上演したことがあるそうだが,僕にとっては,もちろん初めて観る演目だった。今回は嵐圭史の清之助と中村梅雀の桃八だが,この梅雀の桃八は秀逸だった。井上ひさしの連発する駄洒落,掛け言葉,なぞなぞその他の,ときに猥雑な「ことばあそび」を巧みにこなし,踊り,富本節をうなり,軽妙におだてを言うといった幇間芸は,この人ならではの観があった。梅之助では重くなりすぎたのではなかっただろうか。もちろん,想像するだけだが。
 ところが,懇親会の場に現れた梅雀は大きなマスクに熱っぽい顔を隠し,A型インフルエンザに罹って,注射と座薬とで熱を下げながらの舞台だと打ち明けた。翌日朝の公演もあること,挨拶だけで帰ってもらったが,心配なことだ。座員の中には,彼以外にも何人かの患者がおり,次々に寝込み,代役を立てねばならない状態が続いているとのこと。
 それにしても,役者というのは大変なものだ。40度の熱があり,肩で息をしていても,舞台に上がればそんな気配は微塵も感じさせないのだから。しかし,他方では,それも当然かもしれない。主役に代役は居らず,もし彼が舞台に立たないとなれば公演は打ち切り,あと20回近くの公演収入が消えてしまうだろう。単純に計算してみても,南座の座席数が1,086席だから,一回の公演で1,000万円近い売り上げがあり,その何割が劇団側に回るのかは知らないが,いずれにしてもその収益で座と多数の座員の存続と生活をまかなっているのだから。「がんばれ,梅雀」と思わずつぶやいてしまう。

 最近の土曜夜の街の雰囲気はこんなものなのだろう。三条河原町付近も,生活感のない若者たちが,携帯電話を片手に連れ立って歩いているだけ。妻と立ち寄ったバーのマスターに新年の挨拶をし,先斗町を南に抜けて,四条通りでタクシーをひろい,帰宅。

|

« Eのこと(続き) | Main | 『極刑』 »

Comments

I am sure this piece of writing has touched all the internet visitors, its really really good article on building up new website.

Posted by: match.com free trial | April 10, 2015 at 11:57 AM

Hello, for all time i used to check webpage posts here early in the dawn, for the reason that i love to learn more and more.

Posted by: best eye wrinkle cream on a budget | March 03, 2015 at 09:41 PM

I'm really impressed with your writing skills as well as with the layout on your blog. Is this a paid theme or did you customize it yourself? Either way keep up the excellent quality writing, it is rare to see a great blog like this one today.

Posted by: Free music downloads | February 06, 2015 at 12:50 PM

Having read this I believed it was very informative. I appreciate you taking the time and energy to put this information together. I once again find myself spending way too much time both reading and commenting. But so what, it was still worthwhile! blogesaurus.com quest protein bars

Posted by: quest bars buy online uk | January 25, 2015 at 01:24 AM

Hello, i believe that i saw you visited my blog so i came to go back the choose?.I am attempting to to find things to enhance my site!I suppose its adequate to use some of your concepts!! blogesaurus.com quest protein bars

Posted by: where can you buy quest protein bars in australia | January 21, 2015 at 09:26 AM

Remarkable things here. I'm very happy to see your post. Thanks so much and I am having a look ahead to touch you. Will you kindly drop me a mail?

Posted by: Best dating sites | December 26, 2014 at 05:47 AM

一年の計は元旦から・・とは申しましても、
漫然と過ごしがちで、なかなかしゃっきりとしないな松の内。
そんな僕でもお正月に習慣付けている(?)ことが一つ。元日早朝に放送している「舞楽」
の視聴です。NHKでも能や狂言は演っても、雅楽・舞楽の類はあんまり見かけません。
(昨今の東儀氏の活躍は結構なことですが)
「早朝」「伝統芸能」という放送界では、絶滅寸前なその放送。ですが、いつまでもやってほしいものです。
ちなみに、母は国学院の授業の一環で、宮内庁のその舞台を生で見てきたとか。
毎年、その時の事を話してくれるのですが、「いい加減その話は聞き飽きた」とは言えず、羨ましくも、こちらも「毎年」ふんふんと聞き返し、お正月を感じるのでした。


Posted by: cream-inalist | January 08, 2006 at 08:23 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79551/8056452

Listed below are links to weblogs that reference 役者という仕事:

« Eのこと(続き) | Main | 『極刑』 »