« 多くの心優しき男たちが | Main | いやな予感 »

「犯罪学はペダントの学問」?

  犯罪のような複雑で興味津々の現象については,それこそあらゆる分野からの研究あるいは「突っつき」が可能だろうことは当然予想できる。そして,多くの場合,思いもかけない視角からの検討が提示されて,斬新な結論とともに,これまでの自分の無知の証拠をも突きつけられ,新しい領域への探索に誘われるのだ。だが,それはあくまでも「多くの場合」であって,そうでない,とんでもない迷論を持ち込まれることもないではない。だが,もっと警戒せねばならないのは,斬新な切り口の研究成果に大きな落とし穴が隠れているようなばあいだろう。
  例によって通勤の途中に読んだ長谷川眞理子「戦後日本社会における犯罪」(橘木編『リスク社会を生きる』岩波2004の第7章)は面白かった。進化生物学・行動生態学を専門とする生物学者である筆者は,ここで,「人間の個体間にある,殺人にまでいたるような利害の対立と葛藤とはどのようなものであるのか,その葛藤に対処するにあたって,殺人のようなリスクの大きい選択肢をとる人間は,どのような状況におかれているのか,といった観点から,戦後日本の殺人を分析」してみせるのである。そこで示された結論自体は,従来すでに指摘されていたことも多い(第二次世界大戦後のわが国の,とりわけ若年層における,世界にも例を見ない「殺人率」の低下,そして異常なまでのその低さ)し,また,戦後日本のジニ係数の推移と殺人事犯検挙人員のそれとの対比などには目を引き付けられたのだが,彼女の着想と結論の検証の一般的基準として用意されているのが,ほとんど Daly & Wilsonの1988年の本(彼女自身の翻訳で99年に邦訳が出ている─『人が人を殺すとき』─)だけであることに気づくと,ちょっと心配になってくる。
 とくに問題は,殺人の種類を 1>普通殺人,2>尊属殺,3>嬰児殺,4>自殺関与 の4種類に分け(なんと大胆な),もちろん最大部分は「普通殺人」なのだが,その「大部分は血縁関係にない個人どうしの殺人である」と断じ,以下の立論の前提とされていることである。周知のとおり,この前提は誤っている。警察白書その他多くの資料によって示されているとおり,殺人の加害者・被害者の関係で最大のものは親族関係であり,例年,40%強が親族間の殺人である。もちろん,親族=血縁関係ではなく,統計についてはさらにその内容を検討しなくてはならないが,それでもこの「親族」のかなりは「血縁関係」のある者となるだろうと想定される。このことは常識だと思っていたのだが,長谷川は「遺伝子を共有する個体どうしの間には血縁淘汰が働くので,そのような個人間で殺人が起こることはまれだと予測される」とし,「実際,これまでの研究でも,血縁者間の殺人は,非血縁者どうしの殺人よりも起こる確率が非常に低いことが示されている」と締めくくる。「これまでの研究」として根拠とされているのは,ここでも『人が人を殺すとき』だけである。同じような,(僕に言わせれば)根拠の薄弱な断定はそのあともさまざまに続くのだが,いつか,ヒマができたら,きちんと読んでみよう。今は忙しい。

|

« 多くの心優しき男たちが | Main | いやな予感 »

Comments

Pretty! This was an extremely wonderful article. Thank you for providing this information.

Posted by: match.com | April 09, 2015 at 01:30 AM

This article will help the internet viewers for creating new website or even a weblog from start to end.

Posted by: free music downloads | April 03, 2015 at 05:35 PM

Hello, i believe that i noticed you visited my blog thus i got here to return the choose?.I am trying to find issues to improve my web site!I guess its adequate to make use of a few of your concepts!!

Posted by: modelos mujeres hermosas | March 05, 2015 at 07:38 AM

I think the admin of this website is actually working hard for his website, for the reason that here every stuff is quality based stuff.

Posted by: Free Music Downloads | February 21, 2015 at 03:27 AM

I am really impressed with your writing skills and also with the layout on your blog. Is this a paid theme or did you modify it yourself? Anyway keep up the excellent quality writing, it is rare to see a great blog like this one today.

Posted by: free music downloads ringtones | February 18, 2015 at 05:25 PM

Great blog right here! Additionally your website rather a lot up very fast! What web host are you the use of? Can I get your affiliate hyperlink in your host? I want my site loaded up as fast as yours lol

Posted by: www.codecademy.com | February 15, 2015 at 12:15 AM

Wow, incredible weblog structure! How lengthy have you been blogging for? you make blogging look easy. The full glance of your website is magnificent, let alone the content!

Posted by: Free Music Downloads | February 10, 2015 at 02:17 AM

Heya i am for the first time here. I found this board and I in finding It really helpful & it helped me out much. I'm hoping to offer one thing again and help others such as you aided me.

Posted by: mujeres en tangas | January 29, 2015 at 10:06 AM

This page certainly has all the info I wanted concerning this subject and didn't know who to ask. blogesaurus.com quest protein bars

Posted by: buy quest protein bars Uk | January 25, 2015 at 03:21 PM

Excellent beat ! I wish to apprentice while you amend your site, how can i subscribe for a blog website? The account helped me a acceptable deal. I had been tiny bit acquainted of this your broadcast provided bright clear idea

Posted by: best dating sites | November 22, 2014 at 07:03 PM

Actually when someone doesn't understand after that its up to other users that they will assist, so here it takes place.

Posted by: best dating Sites | November 21, 2014 at 12:15 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79551/7027222

Listed below are links to weblogs that reference 「犯罪学はペダントの学問」?:

« 多くの心優しき男たちが | Main | いやな予感 »