« 成績評価ということ | Main | もう一つ,気になるのは »

自殺サイト殺人

 インターネットの自殺サイトを利用した連続殺人事件などというものを,誰が想像できただろうか。
 大阪府河内長野市ですでに3人の犠牲者が明らかとなっている前上某の犯罪は,さまざまな意味でわれわれの意表をつくものだった。この事件はわが国の犯罪史に残ることとなるだろう──おそらくは,この種の多様な犯罪の最初のケースとして。
 彼にとって,他人が窒息の恐怖と苦悶にもだえる姿は,何よりも性的な興奮をもたらすという。「男でも女でも,苦しむ顔を見るのがたまらない」,と。
 報道されるところでは,殺害に通じる衝動は中学生時代からとみられ,大阪府警の調べにも「小説の挿絵に,子供が口を押さえられる様子が描かれているのを見て興奮した」と供述。自作のホームページに主人公の自分が他人を窒息させる小説を書き,ネットで入手したグロテスクな写真を掲載していた。また,1995年から2002年にかけては,通行人の口をふさいだとして傷害容疑で3回逮捕されており,実刑判決を受けたこともあった,という。
 この経験に学んだということだろうか,効率の悪い通行人よりは,無防備で都合のよい被害者を求めて,自殺志願者に目をつけた彼が,インターネットの自殺サイトに網を張り始めたのは昨年10月。約2カ月後に知り合った最初の被害者に「一緒に練炭自殺をしませんか」と持ちかけ,「お願いします」と応じられると,練炭や七輪を用意してみせるなど,信用を得るためにさまざまな行動をとり,最終的に殺害に成功している。
 それにしても,「どうせ死ぬんやから夕食を抜いてください」「めばりテープを張る準備がしにくくなるのでつめを切っておいてください」といった,彼が被害者に送ったメールの不気味さは格別だ── まるで『注文の多い料理店』ではないか。

 この種の事件が起きた際にいつも思うことは,人間というものの不思議さと,そのような存在として生かされていることの悲しみだ。だがそれは所詮は個人の感想で,社会は犯罪者の責任を追求し,同種の犯罪の再発を防ぐための確実な措置を声高に求める。そしてそれは「正しい」。
 しかし,問題は,どのようにしてそれらは可能か,ということだ。

|

« 成績評価ということ | Main | もう一つ,気になるのは »

Comments

What a material of un-ambiguity and preserveness of valuable familiarity regarding unpredicted feelings.

Posted by: free music Downloads | February 27, 2015 at 03:05 PM

I quite like reading through a post that can make people think. Also, thank you for allowing for me to comment!

Posted by: match.com | February 15, 2015 at 02:18 PM

Keep on working, great job! www.blogesaurus.com quest protein bars

Posted by: buy quest bars cheap uk | January 22, 2015 at 03:04 PM

If some one desires expert view about blogging afterward i suggest him/her to pay a visit this blog, Keep up the fastidious work.

Posted by: best dating sites | November 23, 2014 at 12:09 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79551/5371269

Listed below are links to weblogs that reference 自殺サイト殺人:

» 「自殺サイト殺人事件」 絶望するのは早すぎる [よそびとの眼差し]
 自分と一緒に死んでくれる人を求めて自殺サイトを利用していた被害者。  犯人は集団自殺する気があるかのように装い、自殺サイトで知り合った人を騙して殺した。  自分の思うままには生きられ無いから、せめて自分の思うように死にたくて自殺サイトを利用した人。  殺されたくなかった。苦しまずに死にたかったろう。  生きている間辛かったから、自殺したかった。そして人生�... [Read More]

Tracked on August 09, 2005 at 09:40 PM

« 成績評価ということ | Main | もう一つ,気になるのは »